サッカー部
ラグビー部
演劇部
剣道部
硬式野球部
女子ソフトボール部
放送部

女子バスケットボール部
女子バレーボール部
男子バレーボール部
美術部
男子ハンドボール部
水泳部
陸上競技部
ワンダーフォーゲル部
女子ハンドボール部

スケート部

吹奏楽部

体操部

報道部

男子バスケットボール部

フォークソング部

ダンス部
男子ソフトテニス部

茶道部

バドミントン部

卓球部

男子硬式テニス部

女子硬式テニス部

理科研究部

千里高校公式サイト

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
no title
金光大阪高校で金光大阪高校と練習試合を行いました。
千里ー金光大阪
1ピリオド 8ー10
2ピリオド 16ー18
3ピリオド 10ー12
4ピリオド 17ー14
最終スコア 51ー54

この日の試合は、スタートのメンバーの2人を欠いた状態での試合でした。そのためずっと意識して練習してきたリバウンドをとれない場面が、オフェンス、ディフェンス共にいつもより見られました。しかし試合メンバーが少なかった分、普段なかなか試合に出ることができない選手が試合に出場でき、経験を積むことができました。また練習していることをやろうとしている姿勢が見られたのでよかったと思います。他の選手との連携を意識し、プレーの完成度を高めていきたいです。
| 男子バスケットボール部 | 12:07 |
no title
山田高校で関大北陽高校との新人大会地区予選の二回戦を行いました。
千里ー関大北陽
1ピリオド 18ー18
2ピリオド 13ー13
3ピリオド 8ー12
4ピリオド 9ー11
最終スコア 48ー54

千里としては、夏の大会でベスト8のシード校である関大北陽とのこの二回戦を、目先の目標であった中央大会進出を目指す上で、今大会の山場であると考えていました。
試合は最後まで接戦となりました。前半から、不要なファウルが積み重なってしまいました。前半は同点で折り返し、第3Qでシーソーゲームの中、リードする展開となりました。しかし突き放しきれず、反対に、ファウルトラブルで主力選手が下がっているときにリードを許す展開となってしまいました。そして最後までその点差を詰めることができませんでした。また相手のディフェンスに苦戦して、後半は得点を伸ばすことが出来ませんでしたが、こちらも全員で声を出して守り、相手の得点を抑えることができました。しかし最終的に一歩及びませんでした。勝ちきらなければならない試合でした。
この悔しい経験を生かして、この一年の集大成となる春の大会で、目標である近畿大会出場を果たしたいです。


また今回も本当に多くの保護者の方々や友達に応援に来ていただきました。ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。
| 男子バスケットボール部 | 22:14 |
no title
1月10日、新人戦での一回戦では、芥川高校と対戦しました。

千里−芥川
1ピリオド 14−4
2ピリオド 24−13
3ピリオド 12−6
4ピリオド 15−19
最終スコア 65-42

今回の試合は、最初から流れよくプレーができました。てすが、相手にリバウンドなどよく取られている場面や相手のデフェンスなどで少し流れが悪くなった時間帯もありましたが、ベンチからの声であったり、コート内での声などで持ち直すことができました。この試合では、ベンチメンバー全員が出場できたので、選手1人ひとり、自分の改善すべき所やチームとしての課題も見つかったと思います。また、まだ課題残るような勝ち方だったので、そこをもっと意識して改善していき、インターハイに向けて練習をしていこうと思います。

最後になりましたが、会場へと足を運んでいただいた保護者の方々応援ありがとうございました。今後とも応援の方、宜しくお願い致します。
| 男子バスケットボール部 | 15:46 |
no title


11月8日、茨木高校にて公立校大会がありました。
  今回は、池田高校と対戦しました。

                 千里−池田
1ピリオド  12−15
2ピリオド  13−7
3ピリオド   9 −16
4ピリオド  19−11
最終スコア 55−50

今回の試合では、ディフェンスを徹底することができず、少し危うい場面もありましたが、オフェンス面でボール展開を速く進めることができたことが勝因でした。
接戦をものにできたことは、大きな価値があると思います。
今後はディフェンスを改めて徹底し、粘り強く守れるようにしていくことが課題です。

会場に足を運んでいただいた保護者の方々、今回も応援していただいき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

   
| 男子バスケットボール部 | 19:08 |
no title
茨木西高校で茨木西高校と練習試合を行いました。
千里ー茨木西
1ピリオド 20ー10
2ピリオド 17ー11
3ピリオド 17ー9
4ピリオド 20ー10
最終スコア74ー40

試合には勝ったものの、ディフェンスの面では頑張り切れなかった部分がありました。ディナイなどの構えや移動をもっと速くしなければならないと感じました。しかしオフェンスの面では動きの連携がとれてきて、したいことができるようになってきました。またいつもより多くの選手が試合に出場し選手層を厚くすることができました。
| 男子バスケットボール部 | 12:18 |
no title
関大一高で関大一高と練習試合を行いました。
千里ー関大一高
1ピリオド 11−17
2ピリオド 7−24
3ピリオド 6−15
4ピリオド 9−24
最終スコア 33−80

まずまずの立ち上がりでしたが、近頃練習しているオフェンスがまだうまくいきませんでした。
特に苦労したのは、リバウンドなどのルーズボールでした。相手の積極的な飛び込みをなかなか止めることが出来ませんでしたが、全員が声を掛けあって徐々に止められるようになっていきました。

千里ー関大一高
1ピリオド 17ー14
2ピリオド 14ー15
最終スコア 31ー29

互いにベストメンバーを出したまま行った2試合目では1試合目で見つかった課題を修整してなんとか競り勝つことができました。
| 男子バスケットボール部 | 12:17 |
no title

 10月25日、千里高校にて寝屋川高校と練習試合を行いました。
 
              千里−寝屋川
1ピリオド  17−17
2ピリオド  6−19
3ピリオド  14−9 
4ピリオド   25−19  
最終スコア  62−64

1ピリオドから接戦で点数を引き離すことはできませんでした。また、主力のメンバーが抜けるとゲームの質も少し下がり、その間に寝屋川高校に引き離されてしまったことが敗因だと思います。もっと選手層を分厚く、かつ広げなければならないと感じました。

今後とも応援の方よろしくお願いいたします。



| 男子バスケットボール部 | 18:04 |
no title
山田高校で山田高校と摂津高校と練習試合を行いました。
千里−山田
1ピリオド 13−29
2ピリオド 18−14
最終スコア 31−43

千里−摂津
1ピリオド 8−9
2ピリオド 22−8
最終スコア 30−17

ボール際のプレーが消極的になっており、立ち上がりからしっかりボールへの執着心を持たないといけないことを実感しました。しかし確実にチームとしても個人としても成長している部分がありました。これからはより速い展開のバスケットを増やしていき、簡単なシュートをしっかり決めきれるようにしていきたいです。また全員が同じ目標に向かって練習に励み、チームチーム力を上げ、試合に出場することが出来る選手を多くしていきたいと思います。



また今回も保護者の方々が応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございました。これからも熱いご声援をよろしくお願いいたします。
| 男子バスケットボール部 | 12:13 |
no title

10月11日、桜宮高校で桜宮高校と花園高校と練習試合を行いました。
                 千里−桜宮
1ピリオド   15−29
2ピリオド   16−29
最終スコア  31−58

               千里−花園
1ピリオド    6−21
2ピリオド   13−21
最終スコア 19−42

両高校ともスピード感があり、それになかなか対処しきれず、立て直しに時間がかかったのが、大きな敗因だと思います。相手がどこであっても自分たちのバスケットを貫かないといけないということも感じることが出来ました。ミスが続くとなかなか立て直すまでに時間がかかってしまうという点があり、改善していかないといけないと思いました。ただ自分たちが目指すところはもっと上なので、このレベルにいち早く追い付いて上へ上へと進んでいきたいです。

また今回も保護者の方々が応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。


| 男子バスケットボール部 | 18:37 |
no title

遅れましたが、9月23日に信太高校であったFirst step cupについて報告させていただきます。
最初の試合は、信太高校との試合でした。
              千里−信太
1ピリオド 13−10
2ピリオド 23−10
3ピリオド 10−24
4ピリオド 13−16
最終スコア 59−61
未だ改善しきれていない面や新たな 自信にすることが出来る試合内容でした。1試合目はディフェンスが機能し、自分たちの流れを掴むことが出来ました。ベンチからの声も多くチーム全員で盛り上がって戦うことが出来ました。これまで練習してきたことが少しずつ出来ていることに気付けました。
2試合目は夕陽丘高校との試合でした。
                   千里−夕陽丘
1ピリオド   19−2
2ピリオド   35−8
3ピリオド   44−6
4ピリオド   26−6
最終スコア  124−22
この試合では、チーム全員が試合に出場でき、普段試合に出られない選手達にもいい経験となりました。
これから、もっと現在試合出場出来でいない人が試合に出場できるようになっていって選手層を厚くしていきたいと思います。

また今回も保護者の方々が応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

| 男子バスケットボール部 | 18:35 |
| 1/20PAGES | >>